発売される音声搭載なりきり玩具『鬼滅の刃 DX日輪刀』

 人気アニメ『鬼滅の刃』初となるの音声搭載なりきり玩具『鬼滅の刃 DX日輪刀』(価格6380円・税込)が31日、発売された。サイズ全長約58センチ、単4電池2本使用する(別売)。

【写真10枚】ヒノカミ神楽を完全再現!炭治郎の声が出る日輪刀

 同玩具は、主人公・竈門炭治郎の武器「日輪刀」を再現したもので、50種のセリフや効果音を収録しているほか、刀身を付け替えて遊べる3つのモードを搭載。炭治郎のセリフや型の効果音を収めた“日輪刀のなりきり玩具”とし、「全集中!水の呼吸 壱ノ型!水面斬り!」や「ヒノカミ神楽!円舞!」など計50種の音があり、【本体(柄、刀身水の呼吸、ヒノカミ神楽の計2種】がセットになって、刀身の付け替えにより、3つのモードで遊べる。

 また、劇中で主人公が型(技)を出した時に、刀から出現する水や炎のエフェクトを玩具パーツで再現。これにより、『鬼滅の刃』の世界観に合わせたなりきり遊びを堪能できる。

 主なターゲットは小学校低学年 から中学年の男女で、販売ルートは全国の玩具店、百貨店・家電・量販店の玩具売場、インターネット通販など。バンダイは子どもから大人、ファミリーでも楽しめる『鬼滅の刃』の商品を今後も多数展開していく。

 開発背景についてバンダイは「子どもから大人まで幅広い層からの人気を集め、社会現象となっている作品です。本商品の開発担当者が、近所の子どもたちが『鬼滅の刃』の劇中のセリフを言いながら『なりきりあそび』をしている姿を見たことをきっかけに、『子どもでも夢中になって遊べる商品を開発したい』と考え、商品化に至りました」と説明している。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。