「ふるさと対話集会」で講演するため来県した森山国対委員長=徳島市の徳島グランヴィリオホテル

 自民党の森山裕国対委員長は1日、徳島市の徳島グランヴィリオホテルで講演後、次期衆院選徳島1区の公認候補者選考について「当選が確実な人を選ぶ」と記者団に語った。徳島1区では現職の後藤田正純氏が立候補への準備を進める一方、比例代表四国ブロック選出の現職福山守氏も出馬を模索している。

 徳島1区の公認を巡っては、後藤田氏が自身を候補者とする旨の確認書を2014年の衆院選時に結んだとして、「合意済みだ」と主張している。森山氏は「何よりも大事なのは当選が確実な人を選ぶことだ。そこをよく考え、県連の意見を聞いて、最終的には党本部が決める」と述べた。

 森山氏は、福山氏が支部長を務める党県衆院比例区第1支部の「ふるさと対話集会」に招かれ講演した。