試合終了後、泣き崩れる渡=味の素スタジアム

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは19日、東京・調布市の味の素スタジアムで東京ヴェルディと今季最終戦を戦い1―2で敗れた。J1昇格プレーオフ(PO)進出を争っていた千葉が勝ったため、徳島はシーズン7位となりPO進出を逃した。

 勝てばPO進出、引き分けでも進出が濃厚な状態で試合に臨んだ徳島は、前半31分に先制を許したが、後半4分、馬渡のクロスから渡がゴールを決めて追いついた。しかし、終了間際の後半43分、東京V・内田にゴールを決められた。

 徳島のシーズン通算成績は18勝13分け11敗となり勝ち点は67のまま。PO進出争いをしていた松本は京都に敗れたものの、千葉が横浜FC相手に後半ロスタイムにゴールを決めて逆転勝ちを収め、勝ち点を68に伸ばしたため、徳島の最終順位は7位となり、PO進出圏の6位以内に入れなかった。


 第42節 味の素スタジアム

 徳島 1―2 東京V
    0-1
    1-1

 得点)徳島  後半4分、渡
    東京V 前半31分、平 後半43分、内田