徳島県三好署は9日、窃盗未遂の疑いで、自称本籍奈良県、住所不定の無職の男(51)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8日午後6時50分ごろ、三好市の神社でさい銭箱から金を盗もうとしたとしている。

 署によると、神社の隣に住む40代男性がさい銭箱を物色しているのを目撃して110番。男は逃走したが、現場から約200メートル東で駆け付けた署員が職務質問した。「金がなく、食いつなぐために盗もうとした」と容疑を認めている。