徳島市新蔵町の市営住宅で10月、住民の女性(71)が亡くなっているのが見つかった事件で、徳島東署は21日、女性の頭部を殴り死亡させたとする殺人の疑いで、同居していた長女(45)を再逮捕した。署によると、長女は黙秘し、殺人容疑に対する認否は明らかにしていない。

 再逮捕容疑は、10月上旬ごろ、自宅で殺意を持って女性の頭部を扇風機で複数回殴り、衰弱させて死なせたとしている。長女は女性の遺体を約1カ月間放置したとして、同月31日に死体遺棄容疑で逮捕されていた。

 署によると、女性の後頭部と側頭部に傷があり、頭蓋骨が4カ所欠けるなどしていた。司法解剖の結果、女性は傷を負ってから3日程度たってから亡くなったことが分かり、署は頭部に打撲を負ったことによる衰弱死が死因だと判断した。

 扇風機は支柱が折れるなど破損した状態で台所に置かれていた。カバーが取れた扇風機のモーター部分などからは女性の血液や髪の毛が多数検出されており、署は長女が強い力で複数回殴ったとみている。

 女性の悲鳴や大きな物音を聞いたという近隣住民の証言などから、署は、死亡した女性が殴られたのは10月8日午前2時半ごろとみている。第三者が立ち入った形跡がなく、救護措置も取っていなかったことから、長女の殺意を認定した。

 長女はこれまでの調べに対し「母に扇風機や置物をぶつけた」という趣旨の供述をしていたが、再逮捕後は黙秘している。曖昧で意味不明な供述も度々あり、署は責任能力の有無も含めて慎重に捜査する。