藍住町を東西に貫く県道松茂吉野線を挟む矢上地区。人口が増加する町の中心部に位置し、道路沿いには多種多様な店が連なる。元サッカー選手が経営する接骨院や、店名を改めて再出発を図るスーパーなど新たな挑戦への動きも見られる。四季を彩るバラ園のほか、水耕栽培の農業もあり、地区に潤いを与えている。

 

「カネイファーム」新しい農業の形追求

 カネイファームは、土は使わない水耕栽培で野菜を生産している。農業用ハウスでフリルアイスレタスやクラウドレタスなどを育てる。2005年に矢野正英社長(43)が創業し、13年に株式会社化した。

水耕栽培に取り組む矢野正英社長(左端)と望美専務(右端)らスタッフ=藍住町矢上のカネイファーム

 自前の野菜を活用したレストラン「アクリエ」を町内で経営するほか、障害者が働きながら技能を身に付ける就労継続支援A型事業所を鳴門市に設立するなど事業を拡大している。

 矢野社長の実家は、ナシ農家。農業に多い「家族経営」から脱却して法人化した理由について「学生や親御さんに安心して入社してもらいたかったから」と言う。

 推進役となったのが、妻で専務の望美さん(39)だ。看護師をしていた経験から業務のマニュアル化が徹底された病院を参考にした。指示系統を明確にし、社長の指示が行き渡るように改善。藍住町と鳴門、阿波両市の計3カ所にある農業用ハウスそれぞれにタブレットが設置され、SNSで業務の状況を共有している。

 現在は社員6人、パート12人、外国人実習生の2人を抱える規模となった。「農業は国の軸となる産業。携わる人が自信を持って働けるような経営を続けたい」と矢野社長。住宅や店舗の立地が相次ぐ藍住町で農業を守り次代につなぐ。