森谷靖・松茂町議(58)=同町笹木野=が24日夜、町役場近くの国道で軽乗用車を酒気帯び運転したとして、徳島北署に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された。署によると、呼気からは基準値を大幅に上回るアルコールが検出された。「酒を飲んだことは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、同日午後8時10分ごろ、同町笹木野の国道で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転したとしている。

 署によると、現場近くをパトロールしていた署員2人が国道を走っていた森谷容疑者の車を停止させて職務質問した。酒の臭いがしたためアルコール検査したところ、基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)の3倍以上のアルコールが検出された。

 町議会はこの日午前に臨時会があり、森谷容疑者も出席していた。一森敬治議長は「飲酒運転は絶対に許されることではない。進退は本人が判断することだ」と憤った。

 森谷容疑者は2005年8月、町議に初当選し、現在4期目。13年5月から2年間、副議長を務めた。