県内の中学生が文化・芸術活動の成果を発表する県中学校総合文化祭(県中学校文化連盟など主催)の選抜生徒作品展が20日、徳島市の県立近代美術館で始まった。22日まで。

 人物や果物を題材にした絵画、繊細な筆致の書など約400点を展示。粘土で作った本物そっくりの動物や弁当なども並び、来場者は熱心に眺めていた。

 孫の作品を見に来た阿波市吉野町西条の運転代行業福田恵子さん(61)は「面白いアイデアの作品が多く、見ていて飽きない」と話した。

 午前9時半~午後5時(最終日の22日は午後4時)。入場無料。