オープン:2020年11月1日
オーナー:大西裕也
住所:徳島市山城西4丁目13ー1
TEL:080ー4990ー0024
営業時間:11~15時、17~21時
定休日:火曜
駐車場:7台
席数:28席(カウンター18、テーブル10)
禁煙・喫煙:禁煙
箸の種類:割り箸
備え付けアメニティー:ティッシュ
スープのベース:豚骨、魚介、魚のみそ煮
麺:太ストレート
主な具材:煮卵、のり、豚バラ、メンマ、白髪ネギ、魚粉

 
 

〔主なメニュー〕
   魚介豚骨つけ麺 900円
          (麺大盛り+100円、肉大盛り+200円、肉麺大盛り+300円)
   豚骨醤油らーめん 850円
          (麺大盛り+50円、肉大盛り+200円、肉麺大盛り+250円)

〔サイドメニュー〕
   肉煮卵入りごはん 350円(大盛り+100円)
   白ごはん 100円(大盛り+100円)
   ※いずれもキムチ付き

〔ドリンク〕
   アサヒ瓶ビール(キムチ付き) 500円
   ノンアルコールビール 400円

 

〔メモ〕
 大阪の料亭で5年間修業を積んだ調理担当者が独自に研究して生み出した「徳島で一番濃厚なつけ麺」が看板メニュー。スープは豚骨、魚介をベースに、隠し味には魚のみそ煮を使っており、豚骨のうまみの中に魚介の風味をしっかりと感じられる。そのパンチの利いた濃厚さから、ほとんどの客がごはんを一緒に注文するという。麺には国産小麦を使い、栄養価の高い油として近年注目されているアマニ油を練り込むことで、つるつるもちもちの新食感を生み出している。残ったつけ汁にスープを注いで飲む「スープ割り」にも対応。最後まで魚介と豚骨の風味を楽しむことができる。

 「女性が一人で入れるラーメン店」をコンセプトに、店内はカフェを思わせるおしゃれな内装が施されている。カウンターは木製の仕切りで1人ずつ仕切られており、プライバシーを保てる上に、新型コロナウイルス対策にもなっている。斬新な味わいやコンセプトが注目を集め、オープン直後は1日200~250人が来店して行列を作った。店舗情報はインスタグラムで発信しており、今後1、2カ月ごとにフォロワー限定メニューを発売する計画だ。