臨時記者会見を行う飯泉知事=26日午後5時ごろ、徳島県庁

 徳島県は26日、県外の大学に在籍する徳島市の20代男子学生が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 男性は感染拡大により大学の授業が遠隔で行われることになったため、10月、実家のある徳島市に戻った。感染リスクを避けるため、市内で1人暮らしをしている。今月24日に味覚・嗅覚障害の症状が出て、25日に医療機関で抗原検査を受けて陽性と判明した。

 県は、22日に男性宅を訪れた友人1人と、23日に男性と共に県内の屋内娯楽施設を利用した別の友人2人を濃厚接触者とみて、PCR検査を実施する。

 男性は14日に大阪府を訪れていた。飯泉嘉門知事は26日の臨時会見で「昨今の現地の感染状況をみると、大阪で感染した可能性がある」と説明。大阪など感染拡大地域への訪問自粛を県民に求める考えはないとし、「訪問の際はどういった場所で(感染が)発生しているのかを把握し、最大限の注意を払ってほしい」と呼び掛けた。

 県内の感染者は累計180人となった。