フィギュアスケートのNHK杯で、男子は鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が合計275・87点でGP初出場優勝を果たした。