システィーナ・ホールに展示されている高さ約7メートルのツリー=鳴門市の大塚国際美術館

 大塚国際美術館(鳴門市)のシスティーナ・ホールに高さ7メートルのクリスマスツリーがお目見えした。

 荘厳な雰囲気のホールに合わせて金や銀の装飾を施し、頂上にはキリストの誕生を知らせたという「ベツレヘムの星」を飾った。来場者は壁画とともに眺めたり、記念撮影したりしている。

 美術館では12月25日まで「美術館で過ごすクリスマス」と題したイベントを実施しており、屋外スペースをライトアップ。館内のカフェでは期間限定でドイツのクリスマスをイメージした料理を提供している。