2019年に自殺した群馬県立勢多農林高2年だった女子生徒を巡り、いじめとの因果関係などを調べていた第三者委員会が「自死の要因としては主要なものではない」とする報告書をまとめたことを30日、明らかにした。