バイデン次期米大統領(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】バイデン次期米大統領は11月30日、情報機関から初めて国内外の安全保障情勢などに関する機密情報の報告を書面で受けた。次期大統領として安保分野で政権移行に向けた引き継ぎを本格化させた。AP通信が伝えた。トランプ大統領による23日の政権移行に向けた引き継ぎ開始容認を受けた措置。大統領が情報機関から毎日受ける「大統領日報(PDB)」と同等の内容とみられる。

 国家機密にアクセスし、安保で切れ目のない対応を行うのが狙い。一般調達局(GSA)が引き継ぎ開始を承認していなかったため、円滑な政権移行へ情報共有を進めるべきだと与野党から批判が出ていた。