兵庫県警姫路署は2日、同県姫路市の民家で10~70代の男女3人が首にロープのようなものが巻き付いた状態で倒れているのが見つかり、いずれも死亡が確認されたと発表した。署によると、この民家に住む親子3代とみられる。遺書のようなものが発見されており、署は無理心中を図ったとみている。

 署によると、死亡が確認されたのは70代女性、50代男性、10代女性とみられる。ケアマネジャーの男性が、担当している70代女性と連絡が取れないことを不審に思い1日午後7時ごろ、近くの交番に安否確認を依頼。駆け付けた警察官らが同8時45分ごろに発見した。