内閣府が2日発表した11月の消費動向調査によると、向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数は前月比0・1ポイント上昇の33・7となり、3カ月連続で改善した。