記者会見する日本医師会の中川俊男会長=2日午後、東京都文京区

 日本医師会(日医)の中川俊男会長は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大によって「国民の命を守ってきた医療体制が崩れ始めているところがある」と述べた。「新たな年をいつものように迎えるためには、この師走が正念場となる」として、手洗いやマスク着用、感染リスクが高い場面の回避をあらためて呼び掛けた。

 政府と東京都が重症化リスクの高い65歳以上の人などに観光支援事業「Go To トラベル」東京発着分の利用自粛を呼び掛けたことについては「一定程度の警鐘、緊張感をもたらした」と評価した。