閉鎖中のスキー場=2日、オーストリア・シュピタール・アム・ゼンメリング(ロイター=共同)

 【ウィーン共同】オーストリアのクルツ首相は2日記者会見し、クリスマスイブの24日からスキー場の営業を認める方針を示した。新型コロナウイルス感染が再拡大した欧州のスキーを巡っては、欧州全体で協調して閉鎖すべきだとの声も上がっていた。

 ただ観光客相手のホテル営業や飲食店の店内営業の再開は2021年1月上旬からの予定で、当面は実際にスキーに出かける人は限られそうだ。

 ゴンドラ内でのマスク着用などの対策も取られる。クルツ氏は「欧州諸国はそれぞれの感染状況によって決定することが論理的だ」などと述べた。