エンゼルスの大谷翔平(ゲッティ=共同)

 米大リーグは2日、メジャー40人枠で出場登録が合計6年未満の選手に対して来季契約の意思を示す期限を迎え、エンゼルスでは大谷翔平が契約提示しない選手に含まれず、残留が正式に決まった。

 大谷は規定によりメジャー1年目が最低保障の54万5千ドル(約5700万円)になるなど年俸を抑えられてきた。3年目を終えた今オフ、出場登録が3年以上6年未満の選手に与えられる年俸調停の権利を取得。大幅に増額する可能性があり、来季以降の契約が注目されている。

 カブスで昨季38本塁打を放った外野手シュワバー、ツインズで通算119本塁打の外野手ロサリオはオファーを受けずFAになった。