FC東京―パース 前半、先制ゴールを決め、喜ぶFC東京・アダイウトン。右は東=カタール・アルラヤン(ゲッティ=共同)

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は3日、カタールのアルラヤンなどで東地区の1次リーグF組最終戦が行われ、FC東京がパース(オーストラリア)を1―0で下し、勝ち点10の同組2位で決勝トーナメントに進出した。6日の1回戦で8強入りを懸け、E組1位の北京国安(中国)と戦う。

 FC東京は前半にアダイウトンが決めて先制。後半はGK波多野やDF渡辺を中心にピンチをしのぎ、逃げ切った。

 すでに同組1位通過を決めていた蔚山(韓国)は上海申花(中国)に4―1で勝った。(共同)