不具合が発生した日航機の左主翼のエンジン=4日午後、那覇空港(乗客提供)

 4日午後0時25分ごろ、那覇発羽田行き日航904便ボーイング777(乗客178人、乗員11人)が、離陸後に左主翼のエンジンにトラブルが発生したため、那覇空港に引き返し緊急着陸した。日航や国土交通省那覇空港事務所によると、けが人の情報はない。

 国交省は事故につながりかねない重大インシデントに認定。運輸安全委員会は航空事故調査官3人を指名した。

 同機は午前11時45分ごろに那覇空港を離陸。空港の北約74キロ、高度約5500メートルを飛行していた約5分後に「緊急状態にある」と管制官に通報。左右各一つのエンジンのうち左主翼側を停止させたまま飛行を続けて着陸した。