地球に向けてカプセルを切り離す「はやぶさ2」の想像図(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日午後2時半ごろ、探査機「はやぶさ2」の試料入りカプセルを地球に向けて分離したと発表した。6年間、約52億キロに及ぶ探査の旅の最終局面に入った。小惑星りゅうぐうで採取した岩石試料を持ち帰るサンプルリターンが成功すれば初代に続く快挙となり、分析によっては太陽系の成り立ちに迫る可能性もある。

 計画責任者の津田雄一JAXA教授は「ミッションの集大成。冷静な判断をしながら頑張りましょう」と呼び掛けた。

 JAXAによると、カプセルは日本時間6日午前2時47~57分、オーストラリア南部ウーメラ近くの砂漠へと着地する計画だ。