パドレス時代のクリス・ヤング氏=2018年3月(AP=共同)

 【ダラス(米テキサス州)共同】米大リーグ、レンジャーズは4日、大リーグ機構(MLB)の副会長でOBの元投手クリス・ヤング氏(41)がゼネラルマネジャー(GM)に就任したと発表した。

 同氏はテキサス州ダラス生まれで、名門プリンストン大を経て2000年にパイレーツにドラフト3巡目で入団。04年にレンジャーズでメジャーデビューし、主に先発としてパドレス、マリナーズなどでプレーした。

 通算成績は271試合に登板し、79勝67敗1セーブ、防御率3・95。17年限りで現役引退し、18年5月にMLBで副会長に任命されていた。