小林化工が自主回収中の経口抗真菌剤イトラコナゾール錠50「MEEK」の錠剤シート(同社提供)

 小林化工が自主回収中の経口抗真菌剤イトラコナゾール錠50「MEEK」としていた錠剤シート。回収対象ではない別のものと訂正した(同社提供)

 福井県あわら市の製薬会社「小林化工」は5日、爪水虫などの治療薬で、自主回収中の経口抗真菌剤イトラコナゾール錠50「MEEK」として4日に報道機関に提供した写真が、回収対象ではない別の錠剤の写真だったと訂正した。回収対象の錠剤シートには販売する製薬会社「Meiji Seika ファルマ」のロゴが入っている。

 対象は、9月28日以降に出荷した100錠入り929箱。錠剤シートにロット番号「T0EG08」と刻印されている。全国の医療機関などに流通しているとみられる。

 製造過程で睡眠導入剤の成分「リルマザホン塩酸塩水和物」が混入したため、服用中止を呼び掛けている。