新たに稼働したロープウエーとアイガーの北壁(奥)=5日、スイス・グリンデルワルト(共同)

 【グリンデルワルト共同】アルプス三大北壁の一つとして知られるアイガー(3970メートル)の麓にあるスイス中部グリンデルワルトで5日、欧州最長級となる約6・5キロのロープウエー「アイガー・エクスプレス」が新たに稼働した。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で観光客が減少する中、スキーシーズンが到来。周辺のフランスやドイツ、イタリアが相次いで年末年始休暇のスキー場閉鎖を決定したが、スイスは営業を続ける構えだ。