大気圏突入したカプセルが出す追跡用電波の受信を確認し、管制室で喜ぶJAXA関係者の映像=6日午前2時30分、相模原市

 相模原市のパブリックビューイングに集まった市民ら=6日午前1時4分

 【クーバーペディ(オーストラリア南部)共同】宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が投下した小惑星りゅうぐうの石が入るカプセルは6日午前4時ごろ(日本時間午前2時半ごろ)、大気圏に突入し、着地点のオーストラリアの砂漠めがけて落下、地球に帰還した。

 カプセルは大気圏で燃え、火球として目視された。中身の小惑星試料を回収できれば初代に続く快挙。JAXAは地上での捜索を急ぎ、6年間で約52億キロを飛行した探査は完了を迎える。

 JAXAによると、カプセルが出す追跡用電波は消失し、着陸したとみられる。