起業家支援に取り組む一般社団法人徳島イノベーションベース(TIB、徳島市)は11日午後6時から、同市のアミコビルにあるTIBコワーキングスペースで12月例会を開く。米グーグルのクラウドサービスを統合した「Google Cloud Platform(GCP)」の利用支援や運用代行などを手掛けるクラウドエース(東京)の創業者、吉積礼敏(あやとし)取締役会長=徳島市出身=が登壇する。オンライン配信は誰でも無料で視聴できる。

 吉積氏は2005年に吉積情報(東京)を設立。グーグルアプリを導入するコンサルティング業務などを経て、グーグルに特化した業務システムを開発するようになった。14年からGCPの導入などを請け負う事業を始め、16年には吉積情報から分社化してクラウドエースを設立した。

 例会では「グーグルクラウドパートナー企業でトップクラスであり続ける『アチーブメント・ドリブン経営』」と題し、どのように会社を成長させてきたのかなどを語る。

 現地参加は10日午後8時までに申し込みが必要。有料会員限定だが、1人2回まで無料で見学できる。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」によるオンライン配信もある。

 希望者は<https://is.gd/uXafaU>にアクセスし、氏名、メールアドレス、参加方法などを登録する。問い合わせはTIB事務局<contact@tibase.jp>。