徳島県内は15日も冬型の気圧配置が続いて各地で今季一番の寒さとなり、三好市の山間部は雪が降った。16日は寒気のピークを迎え、北部の平地でも雪が降る所がある。徳島地方気象台は、積雪や路面の凍結による交通障害への注意を呼び掛けている。

雪化粧した祖谷のかずら橋=15日午後4時半ごろ、三好市西祖谷山村善徳

 気象台によると、15日朝の最低気温は▽三好市東祖谷京上氷点下1・1度▽海陽町1・1度▽徳島市3・5度-など、全8観測地点のうち6地点で今季最低を記録した。

 三好市の山間部では14日午後から断続的に雪が降った。標高約800メートルの東祖谷落合地区では午後4時の時点で約5センチ積もり、古民家や畑が雪に覆われた。西祖谷山村善徳の祖谷のかずら橋も雪化粧した。

寒気の影響で雪が積もった三好市東祖谷中上地区=15日午後3時ごろ

 15日夜~16日に四国の上空1500メートル付近に氷点下9度以下の今シーズン最も強い寒気が流れ込む。16日午後6時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で北部の山地5センチ、平地1センチ、南部の山地2センチと予想されている。

 16日朝の予想最低気温は徳島市3度、三好市池田町と美波町は1度で、前日を0・5~1・5度ほど下回る見通し。日中の予想最高気温は美波町9度、徳島市7度、三好市池田町3度となっている。

雪化粧した祖谷川=15日午後3時40分ごろ、三好市東祖谷