全国大会での活躍を誓う城東高校ラグビー部の篠田主将(中)=徳島新聞社

 ラグビーの第100回全国高校大会(27日~来年1月9日・東大阪市花園ラグビー場)に4年連続で出場する城東高の選手らが16日、徳島新聞社を訪れ、活躍を誓った。

 篠田昂征主将と伊達圭太監督、青山佳裕校長が訪問。1回戦で四国ブロック代表の新田(愛媛)と対戦するチームの目標は、2回戦を突破して花園で新年を迎えること。篠田主将は「記念大会に出場できることに感謝し、体を張って走り勝つ城東ラグビーをしたい」と意気込みを語った。