25日に死んだアムールトラのヒロシ(園提供)

 徳島市のとくしま動物園北島建設の森は25日、雄のアムールトラ「ヒロシ」(9歳)が死んだと発表した。死因は胃捻転で、大型犬によくある病気だがトラでは珍しいという。7月に秋田市の大森山動物園から貸与されたばかりだった。

 園によると、同日午前8時半ごろ、見回りに訪れた飼育員が、横たわって動かない状態を確認。獣医師を呼んだが、既に死んでいた。24日は食事も通常通り食べるなど元気だった。飼育下での平均寿命は約20年。

 小川嘉弘係長は「最近は園の環境に慣れ、人気も出てきていただけに残念だ」と話した。近く献花台を設置する予定。

 同園のトラは雄のベンガルトラ「ルパン」(14歳)1頭だけになった。