徳島県庁

 徳島県立高校の女子生徒が新型コロナウイルスに感染したことを受け、県教委は25日、県庁で緊急対策会議を開き、冬休み中の感染者発生に備えて連絡体制の強化を指示した。

 幹部職員17人が出席。女子生徒が通う高校が冬休み中でもあることや、25日の補習と部活の中止を生徒らにメールで連絡したことなどを報告した。

 榊浩一教育長は、感染防止の徹底と感染者への差別・誹謗(ひぼう)中傷の禁止に全力を挙げるよう指示し、「保護者や子ども、教員が不安を払拭(ふっしょく)できる対応をお願いする」と呼び掛けた。