練習でアピールする表原(中央)=11月30日、徳島スポーツビレッジ

 徳島ヴォルティスは28日、徳島県阿南市出身のMF表原玄太(24)が今季J2で13位だった松本に完全移籍すると発表した。

 徳島の下部組織出身の表原は、切れ味鋭いドリブル突破とサイドを上下動する豊富な運動量が持ち味。2018年8月にJ1湘南から期限付き移籍し、19年に完全移籍。2シーズンで計24試合に出場(1得点)した。今季は出場機会に恵まれなかったが、地元出身選手としてJ1昇格への思いは強く、練習時から献身的にチームを支えた。

 表原は「今回徳島を離れる決断をしたが、地元であり、アカデミーからお世話になった一番大好きなクラブであることは今後も変わらない。また鳴門ポカリスエットスタジアムでプレーできる日を楽しみにしている」とクラブを通じてコメントした。