強い冬型の気圧配置となる影響で、徳島県内は30日午後から31日にかけて山間部を中心に大雪となる恐れがあり、平地でも雪が積もる所がある。徳島地方気象台は、積雪や路面の凍結に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、30日は前線を伴う低気圧が本州付近を通過し、その後は日本の上空に強い寒気が流れ込む。31日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で北部の山地20~40センチ、平地10~20センチ、南部の山地10~20センチ、平地5~10センチ。その後も雪が降り続き、積雪が増える見込み。

 強い冬型の気圧配置は元日ごろにかけて続く見通しで、寒気が予想以上に強まった場合は警報級の大雪となる恐れがある。気象台は「交通への影響や着雪による倒木、電線の断線、農作物の管理に注意してほしい」としている。