Jリーグ徳島ヴォルティスのホームスタジアムとして幾多の熱戦の舞台となった。初優勝を果たした2020年のJ2リーグでは7年ぶり2度目のJ1昇格をこの地で決めた。新シーズンからまた、国内最高峰の華麗なプレーや手に汗握る緊迫感をここで味わえる。

 11年にLED方式のオーロラビジョンを設置。芝生席だったバックスタンドの個別席や同スタンドを覆う屋根も14年末までに完成。1万9000人超の収容となった。ピッチの芝の状態にも定評があり、19年にはJリーグ全54スタジアムで2番目の高評価を得た。ストレス無く観戦できると座席構造も好評だ。

 強豪が集うJ1リーグ戦は、鳴門のみならず徳島をアピールする絶好の機会。アクセスや周辺の魅力開拓・発信など、オール徳島で知恵を絞りたい。観客収容制限は流動的だが、みんなが笑顔で集まれるよう祈っている。「J1定着元年」を期すチームとそれを支えるサポーターを、スタジアムが静かに待っている。※特別な許可を得て撮影しています。