新型コロナウイルス禍収束の兆しが見えない中で、感染を防ぐためにマスクの着用や手洗い、ソーシャルディスタンスの確保といった自衛策の重要性が改めて見直されている。きちんとできているつもりでも意外な落とし穴があったり、効果をより高められる方法があったりする予防法について、徳島県の感染症・疾病対策担当者に聞いた。

マスク

 人にうつさず、自分がうつらないようにするために着けるマスクは、鼻と口をしっかり覆って顔との間に隙間を作らないことが大切だ。そのため購入する際には自分に合ったサイズを選ぶことが重要だ。

マスクは鼻と口をしっかり覆うように着用する

 マスクの表面にはウイルスが付いている可能性があることから、食事などで外すタイミングで捨てて新しい物に取り替えた方がよい。このため、数枚を持ち歩くようにするのがお薦めだ。外す際には表面を触らないようにゴム紐を持って外そう。

 運動時や自転車に乗る時など、屋外で人との距離を2メートル以上取れて会話をすることもない場合は着けなくても大丈夫だ。

手洗い

 ウイルスは流水で15秒洗うと100分の1に減り、石けんを付けて10秒こすり合わせた上で15秒すすぐと1万分の1まで除去できる。

 手洗い前には洗い残しを減らすために腕時計や指輪を外しておいた方がよい。石けんはポンプを下まで押し切って出た量が適量だ。こすり合わせる時間は15~30秒で、洗い残しが多い親指や指の間、指先は特に念入りに。すすぎ終わったら清潔なタオルで拭く。自分専用のタオルやペーパータオルを使って、他の人との共有をできるだけ避けた方がよい。爪は汚れがたまりやすいので、こまめに切って伸ばし過ぎないようにするのもポイントだ。

消毒

 手洗いをしたくてもできない場合に役立つのが消毒液だ。ウイルスはプラスチックの表面で最大72時間、ボール紙では最大24時間生存する。店に入る時や物を触った後は手の消毒をするようにしたい。

 消毒液も石けんと同じくポンプを下まで押し切った量を1回の使用量としている製品が多い。手から多少こぼれても適量を出し、指先や指の間にも付くようにすり込もう。

換気

 換気扇を回すだけでも効果がある。窓を開けて換気する場合は、急激に室温が下がると体調を崩す恐れもあるため、18度以上を維持できるように気をつける。窓を1時間に1回、数分間、少しだけ開ければ大丈夫。対面する窓がある場合は両方開けると効果的だ。空気が乾燥するとウイルスが飛散しやすくなり、のどが乾燥すると感染しやすくなるため、湿度が40%以上になるように加湿器も活用すると良い。

外出時の注意点

 飲食店や公共交通、温泉施設などの利用を考えている場合は、県が業界別のガイドラインを遵守する施設に配布している「ガイドライン実践店ステッカー」が張ってある所を選んで行ってほしいと呼び掛けている。食事中や入浴中に大声で話さないこと、乗り物の自由席では人と距離をとって座ること、テーブル席では正面ではなく斜め向かいに座ることも心掛けたい。