山間部の道路で作業する除雪車=31日午前9時50分、三好市東祖谷栗枝渡

 31日の徳島県内は冬型の気圧配置が強まった影響で厳しい冷え込みとなり、西部の山間部を中心に雪が積もった。徳島地方気象台は大雪のピークは過ぎたものの、引き続き積雪や路面凍結に警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、四国の上空約1500メートルに氷点下9度以下の強い寒気が流れ込み、午前9時時点で三好市西祖谷山村で18センチの積雪を観測した。最低気温は同市東祖谷京上で氷点下4・2度、那賀町で氷点下1・8度、海陽町で氷点下1・3度を記録した。

 三好市の山間部では、除雪車が道路に降り積もった雪を取り除き、雪かきに追われる住民の姿も見られた。大歩危峡では岩肌や遊覧船が白く覆われた。四国交通はこの日、積雪のため路線バス祖谷線の2路線を終日運休または部分運休した。

 1日も冬型の気圧配置が続き、明け方にかけて山間部を中心に大雪となる所がある見込み。同日午後6時までの24時間降雪量は多い所で北部の山地15センチ、平地5センチ、南部の山地2センチ、平地1センチと予想されている。