徳島県牟岐町が、町に関心のある町外在住者と町民をつなぐスマートフォン・パソコン用アプリ「牟岐人(むぎじん)」をつくった。人口減少が進む町の地域づくりを町外から支えてもらうため、町に関するさまざまな情報を発信したり、投稿してもらったりして関係を強化する。

 アプリは、町担当者が随時町民の日常を発信する。アプリ内には「観光・遊び」「宿泊・民泊」「仕事」「防災」など九つのジャンルがあり、「いいね」を押すと、そのジャンルの情報を随時受け取れる。共通の趣味を持つメンバーで「グループ」をつくったり、イベント情報を投稿したりできる。

 町は5年ほど前から、町外の人が町を応援する「関係人口」の創出に力を入れており、アプリを通して町の取り組みや利用者同士のつながりを可視化し、町に愛着を持ってもらう。町担当者は「アプリは情報を一元化し、全員が投稿できるところが魅力。イベントだけでなく、牟岐の日常を発信し、豊かな自然や人の温かさを伝えていきたい」としている。

 米アップルのスマートフォンiPhone(アイフォーン)は画面上の「App Store(アップストア)」から、アンドロイド端末はグーグルの「Playストア」から無料でダウンロードできる。名前やメールアドレスを入力すると利用でき、パソコンでも見られる。

⇨アプリのPR動画