城南の選手たち=東京体育館(ⓒ春の高校バレー事務局)

 第73回全日本バレーボール高校選手権は5日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、女子では徳島県代表の城南が富士見(静岡)に2―0でストレート勝ちし、2年連続の2回戦進出を決めた。男子の城東は優勝経験のある大村工(長崎)に0―2で敗れ、初戦突破はならなかった。

 2年連続12度目出場の城南は、2017、18年の大会で敗れている富士見に雪辱を果たした。城南は6日午前11時半から予定されている2回戦で、5日の1回戦で安来(島根)に勝った奈良文化と対戦する。

 男女各52校参加の大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、無観客で実施。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。