強い冬型の気圧配置となる影響で、徳島県内は7~9日ごろに山間部を中心に大雪となる恐れがあり、平地でも積もる所がある。徳島地方気象台が積雪や路面の凍結などに注意するよう呼び掛けている。

 気象台によると、7日から9日ごろにかけて四国地方には今シーズン一番の寒気が流れ込み、気温は平年よりかなり低くなる見込み。7日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で北部の山地10~20センチ、平地5~10センチ、南部の山地5~10センチ、平地1~5センチ。その後の24時間も同程度の降雪があると予想されている。

 徳島市の予想最低気温は7、9の両日が氷点下2度、8日は氷点下1度で、平年を4、5度ほど下回る見込み。