練習で笑顔を見せる体操女子の畠田瞳=東京都内(アミューズ提供)

練習する体操女子の畠田千=東京都内(アミューズ提供)

 体操女子で東京五輪代表を目指す、父親が鳴門市出身の畠田瞳、千愛(ちあき)姉妹=ともにセントラルスポーツ=が5日、オンライン会見に臨み、昨年12月の全日本選手権で個人総合2位に入った姉の瞳は「一つ一つの試合を大切に、一生懸命こなしていきたい」と新年の抱負を述べた。演技では得意の段違い平行棒で難度を上げるため、移動技などの連続を構成に入れることを目標に掲げた。

 16歳の妹、千愛は昨年シニアデビュー。全日本は10位に終わり「失敗する数も多かった。その反省を生かして、安定した演技をしたい」と力を込めた。

 昨年9月で20歳となった瞳は、新型コロナウイルス感染拡大で東京都、埼玉、千葉、神奈川3県に緊急事態宣言が再発令される見通しとなったことを受け、今月の成人式が中止になったという。「(再発令で)練習環境を奪われることが怖いというか困ることなので、そこだけ確保できれば」と話した。