徳島県議会議長と副議長を公用車で自宅まで送迎するのは知事からの利益供与に当たるとして、上板町の男性(69)が5日、2019年度の議長車と副議長車の運用費計約1198万円を知事に返還するよう求めて県監査委員に住民監査請求した。

 請求によると、議長、副議長の公用車での自宅送迎は県議会事務局規程や県有車両管理規則などで取り決めがなく、議会事務局総務課長の独断で行っていると主張。年間の運転手の給与や公用車の燃料代などを1198万8370円と算定し、返還を求めている。

 県監査委は請求を受理するかどうか検討する。議会事務局は「(請求を)受け取っていないのでコメントできない」としている。