新型コロナウイルスが社会経済活動に深刻な影響を与える中、徳島新聞社は四国の3新聞社・4県との共催による「四国活性化プロジェクト」を24日にオンライン開催します。テーマは「Withコロナ~新たなライフスタイルを考える~」。開催を前に、コロナ禍の中でも工夫を凝らし、前向きな活動に挑戦している4県の事例を紹介します。

新年の花火大会に向けて仕込み作業をする岸洋介さん=阿南市新野町の岸火工品製造所

岸火工品製造所(阿南市) 人の心を花火で結ぶ

 それは、1日わずか2分の出来事だった。昨年5月1日から5日間、阿南市の津峯山周辺から、新型コロナウイルスの収束を願って1日5発限定の花火が打ち上げられた。

新型コロナ収束を願う全国一斉プロジェクトで岸さんが打ち上げた花火=2020年6月、阿南市橘町

 疫病退散の御利益があるとされる妖怪「アマビエ」の色をイメージした赤や青、黄の花火は自粛ムードでふさぎがちな市民の心にほのかな明かりをともした。

 「江戸時代、疫病退散を願って開かれたと伝わる日本初の花火大会にちなんだ。地域住民のストレスを少しでも和らげたかった」。岸火工品製造所(阿南市新野町)の岸洋介専務(34)は、打ち上げの狙いを語る。

 この花火が思わぬ反響を呼んだ。市民から「感動した」「元気をもらった」との声が、会員制交流サイト(SNS)や電話で数多く寄せられた。その後、「独自に花火を上げたい」と個人2件、団体1件から申し出があり実現。コロナ収束を願う花火の輪が広がった。岸さんは「花火が人の心を結び付ける力を持つことを改めて実感できた」と言う。

 6月には、岸さんら花火師11人が中心となり、疫病退散祈願の全国一斉プロジェクトを企画。北海道から沖縄までの163業者が参加し、午後8時に各地で花火を打ち上げた。画像や動画がSNSを通じて拡散された。

 「1日も早く、何千発の花火を大勢の人で見物できる世の中に戻ってほしい」。その日を願いながら、コロナ禍でも実現できるイベントを企画し、花火で市民を勇気付けていく。 (徳島新聞)