徳島県三好市の住民有志が23日と2月13日、車に乗ったまま映画を観賞する「ドライブインシアター」を同市池田町イタノの吉野川運動公園で開く。新型コロナウイルスの影響が長引く中でも楽しめるイベントをしようと、市出身で映画監督の蔦哲一朗さん(36)=東京=が代表を務める「ニコニコフィルム」と企画した。

 23日は、2019年に米アカデミー賞の作品賞など3部門を受賞したロードムービー「グリーンブック」(130分)を上映。2月13日には、日本でもヒットした韓国の恋愛映画「私の頭の中の消しゴム」(117分)を流す。

 コロナ禍での文化活動を支援する文化庁の「文化芸術収益力強化事業」に採択され、400インチ(縦4・7メートル、横8・7メートル)のスクリーンを用意した。音声はカーラジオで受信する。

 企画した正木慎一さん(36)=池田町イケミナミ=と蔦さんは小学校からの同級生で、同フィルムが事業の申請に協力した。正木さんは「迫力のある映像を家族やカップルで楽しんでほしい」と話している。

 両日とも上映は午後6時半から。予約制で入場料は1組2000円。予約フォームの<https://miyocinema.com/entry/>から申し込む。問い合わせは正木さん<電090(4272)5789>。