大阪国際滝井―就実 第1セット、ブロックを決められた大阪国際滝井の選手。奥は喜ぶ就実の平田(7)と周田(2)=東京体育館

 バレーボールの第73回全日本高校選手権最終日は10日、東京体育館で男女決勝が行われ、女子は三好市山城町出身の平田美菜がいる就実(岡山)が大阪国際滝井を3-1で下し、25大会ぶり3度目の優勝を決めた。男子は東福岡が駿台学園(東京)に3-1で勝ち、5大会ぶり3度目の優勝を果たした。