積雪のあった美馬市内。雪は徐々に解け始める=12日午前11時ごろ、道の駅「みまの里」ドローン撮影(特別な許可を得て撮影しています)

 12日の県内は、前線を伴う低気圧が発達しながら四国の南を東に進み、昼前にかけて雨や雪が降った。低気圧は四国から離れ、大雪の恐れはなくなった。13日朝にかけて寒気の影響で気温が下がり、徳島地方気象台は道路の凍結の恐れがあるとしている。

 気象台によると、12日午前9時時点の積雪は三好市西祖谷山村で14センチを観測。日中の最高気温は徳島市7・4度、三好市池田町3・2度など全8観測地点で前日を下回り、平年よりも4・7~2・6度低かった。

 積雪でスクールバスが運行できなかったため、那賀町の平谷小学校が休校した。

 13日の県内は高気圧に覆われ、南部はおおむね晴れるものの、北部は湿った空気の影響で午前を中心に雲が広がりやすい見込み。朝の最低気温は、美波町2度、徳島市1度、三好市池田町0度と予想されている。