長野への育成型期限付き移籍が決まったFW武田太一

 今季J1で戦う徳島ヴォルティスは12日、FW武田太一(23)がJ3長野に育成型期限付き移籍すると発表した。契約期間は2022年1月31日まで。

 昨季、早大から加入した武田は184センチの体格を生かして前線でボールを収め、ワンタッチプレーでゴールを奪う大型FW。在学中に左膝前十字靱帯(じんたい)損傷の大けがを負った影響などもあって出場機会はなく、治療・リハビリに取り組む1年目となった。

 武田は「皆さんに成長した姿を見せられるよう長野でも精いっぱい頑張りたいと思います。徳島のJ1での活躍を願っています」とクラブを通じてコメントした。

【徳島ヴォルティスの情報はこちら】