徳島中央署は13日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、徳島県北島町の建設業の男(44)を逮捕した。

 逮捕容疑は、13日午前1時半ごろ、徳島市藍場町1の市道で酒気を帯びて乗用車を運転したとしている。

 署によると、道路脇の木に衝突する事故を起こし、通行人が通報。駆け付けた署員が飲酒検知した。けがはなかった。