写真はイメージです

 民間気象会社・ウェザーニューズ(千葉市)は13日、今春の桜の開花予想を発表した。徳島市の眉山公園は3月27日で昨年より3日遅く、平年(過去5年の平均)と同じ日となる見通し。

 同社によると、開花時期は全国的に平年より早い所が多い。2、3月の西・東日本の気温は平年並みかやや高く、つぼみは順調に成長する見通し。特に3月後半は晴れる日が多く、暖かい日差しが開花を後押しするとみている。最も早いのは東京・上野恩賜公園で、3月19日の見込み。

 同社は開花を「1輪以上が初めて咲いた日」と定義。全国の名所700カ所のうち、沖縄を除く46都道府県の47箇所について、今冬の気温経過などから予想した。満開日の予想は2月上旬に発表する。