コロナ感染者について会見する徳島県の仁井谷興史保健福祉部長=13日、県庁

 徳島県は13日、阿波市の50代女性看護師と板野町の20代女子専門学校生、徳島市の90代女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。90代女性はクラスター(感染者集団)が発生した徳島市の有料老人ホーム「クレア城南」の入所者。3人とも軽症という。

 90代女性は11日のPCR検査で陰性となったが、12日に38・3度の発熱があったため再び検査を受けて感染が分かった。クレア城南でのクラスターの規模は35人(入所者25人、職員10人)となった。

 50代女性は10日に感染が分かった50代男性会社員の妻。8日、県内の病院で勤務していた。夫の濃厚接触者として受けたPCR検査で陰性だったものの、10日から発熱などの症状が続き、再検査では陽性だった。同僚3人が濃厚接触者、同僚18人と入院患者15人が接触者として検査を受け、全員陰性だった。

 20代女性は11日に陽性が判明した藍住町の20代男性の友人。昨年12月31日から今月1日にかけて一緒にツーリングしていた。男性の接触者と認定され、発熱の症状もあったためPCR検査を受けた。

 このほか県は「クレア城南」の関係者や職員の家族らクラスター関連の濃厚接触者18人にPCR検査を実施し、全員陰性だったと明らかにした。県内の感染者は累計268人となった。