完全移籍での加入が内定したMF藤田譲瑠チマ

 今季J1で戦う徳島ヴォルティスは13日、J2東京VのMF藤田譲瑠チマ(18)の完全移籍での加入が内定したと発表した。

 東京都出身の藤田は172センチ、70キロの将来性豊かなボランチ。ナイジェリア人の父を持ち、名前の譲瑠は「ジョエル」と読む。運動量豊富でボール奪取能力が高く、パスを左右に散らして試合を組み立てる。

 東京Vのジュニアユース、ユースで育ち、U―17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場したほか、U―19キャンプに参加するなど年代別代表の経験も豊富。2019年8月に2種登録されて4試合に出場し、トップチームに昇格した昨季は41試合に出て3ゴールを挙げた。昨年11月7日の徳島戦ではパスカットしてから一気に前線に駆け上がり、右足でゴールを奪った。

 藤田は「全力で戦うので応援よろしくお願いします」とクラブを通じてコメントした。

【徳島ヴォルティス 移籍・契約更新・新加入情報】